W650のインプレ

W650のインプレのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

W650のインプレ

W650の特徴はやはりクラシカルなデザインだと思います。

W650の開発はデザイナーのデザインを元に技術者が技術的に実現していくという手法がとられています。

かなりデザイン重視に開発されたバイクです。

そのため、W650に使われているパーツのほとんどは新設計です。

最近のバイクとしてはかなり贅沢に開発されてます。

私もこのバイクのデザインに見とれてしまうのですが、細かいところまでこだわって作られてるなと感じます。

W650のデザインの中でも最も特徴的なのがバーチカルツインエンジンです。

このエンジン、なんと設計に2年の歳月を費やしているそうです(普通はそんなにかからないみたいです)

kawasakiが「バーチカルツインのバイクを作る」という開発当初の方針から、エンジンから作られたバイクと言っても過言ではありません。

現行の国内メーカのバイクでバーチカルツインエンジンを搭載したバイクはW650のみです。

またべベルギヤを採用したバイクも他には見当たりません。

W650のエンジンの造形は本当に文句のつけどころがないぐらい美しいです。


W650の素晴らしさはデザインだけではありません。走行特性も素晴らしいです。

kawasakiが「世界一フィーリングの良いバイクにする」との方針で開発されたW650のバーチカルツインエンジンは、本当に走っていて気持ちいいです。
 
低回転域(1000〜3000rpm)での鼓動感と高トルクと高回転域(5000rpm〜)からの加速感は素晴らしいものがあります。

一軸バランサーでエンジンの振動は抑えているため不愉快な振動がなく、適度な鼓動感を感じます。

エンジンノイズも少なくとても静かです。

シートに厚みがあるので、お尻が痛くなることも少ないです(FTRに乗ってた時は50kmくらい走っただけででお尻が痛かったものですが)

ちなみに、以前、W650で大阪〜奈良〜和歌山を日帰りツーリング(総走行距離330km)したのですが、体の疲れはほとんどありませんでした。

ノーマルマフラーの排気音はとても静かで音質が良いです。低回転域の「ドルルル」って感じの排気音には本当に嫌されます。

昔のW1のような爆音を求める方は、大和ステンレス等の社外マフラーへ変更することでその性格は一変させることが可能です。

私は以前、バイクは音量が命(バリオスやFTRに乗ってた時は社外マフラーに変更して爆音で走ってました)と思っていたのですが、最近は音量より音質を重視しています。

音質に関して言えば、ノーマルマフラーは最高に良いと思います。そのため、私はいまでもノーマルマフラーのままです。

いろいろ書いてきましたが、やはり実際に実車を見て、乗ってとしないと、W650の素晴らしさは伝わらないと思います。

もしバイク屋などでW650を見かけた時は、見て、跨って、可能であれば試乗してみてください!

スポンサードリンク

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のW650のインプレのリンクについて

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のW650のインプレのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。