1973年 650RS(W3/W3A)

1973年 650RS(W3/W3A)のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

1973年 650RS(W3/W3A)

■1973年 650RS(W3) カワサキ650RS(W3)は、新型フロントフォーク、マッハ系のダブルディスクブレーキが採用されるなどフロントエンドが一新されています。

カワサキ650W1SAよりもさらに安全対策が進められ灯火類にハザードとパッシングの機能が追加されました。

ウィンカーは外に張り出され灯火類や各バルブの断線を知らせるインジケータが採用されています。

またカワサキ650W1SAに比べ車重は16kg増の215kgとなっています。

650RS(W3)のスペック
車名 650RS(W3)
全長×全幅×全高 2,150×860×1,120mm
ホイールベース 1,420mm
最低地上高 140mm
シート高 -
キャスター/トレール 61°/105mm
エンジン種類 空冷4ストローク
並列2気筒
OHV2バルブ
総排気量 624cm3
内径×行程/圧縮比 74.0×72.6mm/9.0
最高出力 53ps/7,000rpm
最大トルク 5.7kgf・m/5,500rpm
始動方式 キック
点火方式 バッテリー
潤滑方式 ドライサンプ
エンジンオイル容量 3.0L
燃料供給方式 -
トランスミッション 常噛4段リターン
クラッチ 湿式多板
ギヤレシオ 1速 2.54
2速 1.71
3速 1.22
4速 1
一次減速比
/二次減速比
2.26/2.33
フレーム形式 ダブルクレードル
サスペンション テレスコピック
スイングアーム
タイヤサイズ 3.25-19
4.00-18
ホイールサイズ -
-
ブレーキ形式 ダブルディスク
ドラム
ハンドル切れ角(左/右) -
車両重量 215kg
燃料タンク容量 15L
定地燃費
(2名乗車)
35.0km/L
(60km/h)
最小回転半径 2.4m
希望小売価格 -
■1974年 カワサキ650RS(W3A) カワサキ650RS(W3A)は、W系の最終モデルです。 グラフィックが変更された燃料タンク下の連結ボルトやフリクションダンパーは廃止されました。 テーパ形状を持つマフラーはカワサキ650RS(W3A)の外観上の特徴の一つです。 W3系は1972年から1974年の間に販売され、その後、Wシリーズは姿を消しました。 ちなみにカワサキ650RS(W3A)の最終モデルは今でもプレミア価格がつくほど人気が高いモデルとなっています。 カワサキ650RS(W3A)が市場からフェードアウトし、その約25年後の1999年にW650が誕生したわけです。 ■カワサキ650RS(W3A)のスペック ・最高出力:53ps/7,000rpm

スポンサードリンク

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜の1973年 650RS(W3/W3A)のリンクについて

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜の1973年 650RS(W3/W3A)のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。