Wの歴史

Wの歴史のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

Wの歴史


kawasaki W650/W800のネーミングの由来となっているのは、W1に始まるkawasakiのバーチカルエンジンです。

そのルーツを知るためには、Wシリーズの歴史を知ることは大切だと思います。

Wシリーズは英国車の模倣から始まり、日本のエンジニアが技術の蓄積と創造を経て進化させてきました。

今日でもWシリーズを愛する日本人のクラッシックファンのもと、多くの車両が存在し稼動しているということは、長年に渡りWが大切に乗り継がれてきた証拠であると思います。

W650は日本で販売されている全てのビッグバイクのうち、毎年トップ10以内の売上を記録したモデルです。各メーカが最新技術を投入したハイスペックモデルや、バイク雑誌がこぞって取り上げるニューモデルなどの強豪モデルを相手に、W650は売れ続けているのである。

W650はハイスペックではないし、電子制御も装備してないし、リアはドラムブレーキ。バイクの魅力は速さや性能だけが全てじゃないことを証明したのがWシリーズではないだろうか。


ここでは、およそ50年にも渡るWシリーズの歴史を紐解いていきます。

以下はWシリーズの歴史年表※です。

※歴史年表の見方
・[発売開始日 車名]で記載しています。
・リンクをクリックすると、各モデルの詳細を見ることができます。

■Wの歴史年表

1960年 メグロスタミナK1
         ↓
1965年 カワサキ500メグロK2
         ↓
1965年 カワサキX650
         ↓
1965年 カワサキ650-W1
         ↓
1967年 カワサキ650-W2SS/W2TT
         ↓
1968年 カワサキ650-W1S(国内モデル)
         ↓
1971年 カワサキ650-W1SA
         ↓
1973年 カワサキ650-RS(W3/W3A)
         ↓
1999年 kawasaki W650
         ↓
2006年 kawasaki W400
         ↓
2011年 kawasaki W800

スポンサードリンク

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のWの歴史のリンクについて

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のWの歴史のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。