1965年 カワサキX650

1965年 カワサキX650のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

1965年 カワサキX650

カワサキ500メグロk2を米国市場に投入することを目的に、カワサキは米国に市場調査に行きました。その結果、当時の英国製のバイクは650ccが主流ということもあり、カワサキ500メグロK2は排気量アップすることとなりました。

1960年代前半、英国BSAは500ccのA7に代わり、ボアやストロークを拡大してA10、A50、A65などを発売していた。カワサキもこれを参考にし、カワサキ500メグロK2のボアを最大限に拡大する手法をとりました。その数値は、カワサキ500メグロK2のボアを最大限(8mm)に拡大した624.48ccのエンジンを搭載したプロトタイプモデルである「X650」が生まれました。外観はカワサキ500メグロK2とほぼ同様ですが、タコメーターを追加し、圧縮比8.7で46ps/6,500rpm、そして最高速180km/hの性能が発表されました。

カワサキX650は1960年の東京モーターショーで発表され華々しくデビューする予定でした。しかし、同年のモーターショーではホンダからDOHCツインのCB450が排気量444cc、最高出力43ps/8,500、最高速180km/h、ゼロヨン13.9秒の数値で発表され、話題をかっさらわれた形となりました。

CB450も米国向けに開発されたもので、当時650ccで人気であったトライアンフT120Rボンネビルの最高出力47ps/6,500を超えるべく最小排気量で挑んだモデルでした。その結果、カワサキはさらなる出力アップが求められることになります。それが、その後のW1へと繋がります。

カワサキX650のスペック
車名 カワサキX650
全長×全幅×全高 -
ホイールベース -
最低地上高 -
シート高 -
キャスター/トレール -
エンジン種類 -
総排気量 624.48cm3
内径×行程/圧縮比74.0×72.6mm/- -
最高出力 46ps/6,500rpm
最大トルク -
始動方式 キック
点火方式 -
潤滑方式 -
エンジンオイル容量 -
燃料供給方式 -
トランスミッション -
クラッチ -
ギヤレシオ 1速 -
2速 -
3速 -
4速 -
一次減速比
/二次減速比
-
フレーム形式 -
サスペンション -
-
タイヤサイズ -
-
ホイールサイズ -
-
ブレーキ形式 -
-
ハンドル切れ角(左/右) -
車両重量 -
燃料タンク容量 -
定地燃費
(2名乗車)
-
最小回転半径 -
希望小売価格 -

スポンサードリンク

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜の1965年 カワサキX650のリンクについて

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜の1965年 カワサキX650のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。