W800 試乗インプレ

W800 試乗インプレのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

W800 試乗インプレ


カワサキマーキュリー(大阪)が主催するW800の試乗会へ行ってきました。

今回の試乗会は500円を払うと高速道路に乗れるとのことなので、高速道路の試乗もさせていただきました。

高速道路は近畿道の門真ICから吹田ICまでの11.2km。一般道を含めると、30kmくらいの距離を走らせていただきました。

ここからは現在所有しているW650と、実際に試乗したW800を比較したインプレです。

まずW800に跨った感想としては、足つきがかなり良くなっています。カタログ値ではW800の方がシート高が1cm程低くなっているのですが、シート形状も見直しされており、カタログ値以上に足つきはいいです。

あとW800のステップ位置が前方へ移動されたので、足をまっすぐしたに下した時にステップへ干渉しません。渋滞時など足を頻繁に着くようなシチュエーションでは楽そうです。

エンジンのアイドリングは、W650より1割増しくらいの鼓動感が伝わります。やはり排気量がアップしたことからエンジンが力強くなっています。

排気音も小気味良い音質で、聞いていてとても心地よいです。

1速からのスタートダッシュはやや速くなっています。といっても速さを求めるバイクではないので、そんなに気にすることでもありませんが、やはりスタートは速い方がいいですね。

走り出すと1速から5速まで2,000〜3,000回転くらいでスムーズに走れます。

W650の場合はエンジン回転数が3,000〜3,500回転あたりで手やお尻に伝わる振動が大きくなりまが、W800ではそれが改善されており、どの回転域でも不快な振動がありません。

また時速100〜120km/h巡航の快適性ですが、W650に比べて格段に良くなっています。

ショップの店長さんから聞いたのですが、W800は時速100km/hをターゲットにセッティングされてるらしく、高速をゆったり流すには最高に気持ちよく走れるとのことです。

一般道と高速道路を合わせて30kmを試乗したわけですが、総合評価としてW800は非常に完成度が高いです。

W650でも完成度はかなり高いのですが、その中でもW650のオーナーが少し気になるなって部分を全て改善された感じです。

W650に不満な点があってお金をかけてカスタムして改善したいと思っている方は、W800に乗り換えるという選択しもありだと思います。


スポンサードリンク

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のW800 試乗インプレのリンクについて

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のW800 試乗インプレのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。