W800のパーツ別インプレ

W800のパーツ別インプレのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

W800のパーツ別インプレ

1.エンジン

W800のはW650のエンジンをベースにのボアを5mm拡大して773ccとした新エンジンです。

馬力はW650と同じ48PSですが、トルクが大幅に増強されて、わずか2,500回転で最大トルク6.3kg-mを発生させてます。

これはW650の重めのフライホイールマスをさらに重くして馬力を抑え、そして低中回転域のトルクをあえて増やしています。

kawasakiのただならぬこだわりを感じます。

これによりW650に比べ、よりさらにトルクフルな特性になると考えられます。

ギヤ比は1速をややハイギヤにしている以外は1次、2次減速比ともW650と共通とのこと。

また、W650と同様に、クランクシャフトの回転をシャフトとベベルギアを介してカムシャフトに伝えるベベルギアカムシャフト駆動を採用しています。

カムタイミングやバルブリフト量などW650からは変更されていません。

べベルギアを採用しているバイクなんて、W650やW800以外に見たことありませんよ。

バイクに詳しい人からも「エンジンの右側に立っている円柱のものはなに?」と聞かれてたりします。

まさかこの円柱部分にシャフトが入って回ってるなんて普通は考えませんからね。

べベルギアはW800の大きな特徴の一つであり、個性でもあります。

べベルギアの「カタカタ」となる音がクラシカル感をさらに演出してくれますよ。


2.吸気

W800の燃料供給はスロットルボア径34Фのフューエルインジェクションが採用されいます(W650はキャブレターです)。

エンジン右側では、フューエルインジェクションにクロームメッキのカバーが装着されていますが、左側はスロットルのメカがそのまま見えるようになっています。

サブスロットルバルブや12穴インジェクターの採用により理想的なスロットルレスポンスが追求されているとのこと。

ただ個人的にキャブレターの独特のスロットルレスポンスが好きなので、これがフューエルインジェクションになることによりどのような感覚に変わるのか気になる部分でもあります。


3.マフラー

W800のマフラーは、W650から外見が少し変更されています。

おそらく内部構造も厳しい排気ガス規制に対応するために見直していると思います。

W650のノーマルマフラーは、本当に音質が良く静かなマフラーでした。

W800もW650のような音質と音量を引き継いでいて欲しいものです。

ただW650のオーナーさんはマフラーを交換してる方が多いです。

昔のWシリーズには、W1Sなどの圧倒的な鼓動感と地響きのような排気音をもったバイクがありました。

そのため、W1Sなどの過去のバイクを知ってる方にはW650やW800の排気音は物足りないかもしれません。

そういう方には社外マフラーを交換された方がいいかと思いますが、個人的にはまずノーマルマフラーで走ってみていただくことをオススメします。

ノーマルマフラーには素晴らしい音質と、静かな音量、適度な鼓動感は長距離を走っても疲れず、いつになっても飽きない良さがあります。


4.ブレーキ

W800のブレーキは、W650と同様です。

フロントブレーキは、外径300mmのシングルディスクが採用されています。

W650の時はフロントブレーキの効きが悪いのでダブルディスクにして欲しいという要望がありました。

ちなみに過去のWシリーズで、一度だけダブルディスクになったことがあるんです。

W-STYLEでも紹介していますが、1973年 カワサキ650-RS(W3)というバイクです。

マッハ系のフロント周りにしてフロントブレーキをダブルディスクにしたのです。

ただ、クラシカルなバイクに似つかわしくないデザインと必要以上の性能を持たせてしまったために、不評でした。

そのような流れもあって、kawasakiはシングルディスクにこだわっているんだと思います。


リアブレーキはディスクブレーキではなくドラムブレーキです。

これも今時ドラムブレーキかと言われそうですが、これもデザインと必要最低限の制動力を考慮して採用されています。

W800のデザインでリアブレーキがディスクになったらかっこ悪いです。

デザイン面を最重要とし、必要以上の装備や機能をもたせないW800のスタイルは、W650からしっかりと引き継がれていますね。


5.タイヤ

W800のタイヤは、W650と同様です。

フロントタイヤは、タイヤ幅が100mm、扁平率が90、直径が19インチ(48.26cm)です。

個人的に最初はフロントタイヤのタイヤ幅はもう少し太く(110〜120mm)でもいいかなと思ってました。

以前所有していたFTRはタイヤ幅が120mmと太かったんです。

でもハンドルの取り回しが重くて、110mmのタイヤに変更しました。いくらか取り回しは良くなったんですが、それでもまだ重い感じがしてました。

W800とFTRの車重の差を考えると、W650/W800のタイヤ幅は100mmでちょうどいいのかなって最近は思うようになりました。

リアタイヤは、タイヤ幅が130mm、扁平率が80、直径が18インチ(45.72cm)です。

リアタイヤに関しては、タイヤ幅も十分にありリアビューからの眺めもバッチリです。

フロントが19インチ、リアが18インチと、普通のネイキッドバイクに比べて大径ホイールを採用されていることから、直進安定性と軽快な旋回性および路面の状況に左右されにくくなっています。

アルミのリムホイールが採用されていることからチューブタイヤとなっているためパンクのリスクは高いですが、クラシカルな外観と走行性能を考慮するとたいしたことではありません。

タイヤはDUNLOPのROADMASTER TT100GPを前後に装着しています。

他のメーカーからも様々なタイヤが販売されているので、いろんなタイヤを試してみても楽しいかもしれませんね。


6.サスペンション

W800のサスペンションは、W650と同様となっています。

フロントフォークはさりげなくフォークカバーを装着しており、ビンテージ感を向上させています。

ちなみに愛車のW650のフォークカバーを一度取り外して見たことがあるんですが、なんか変でした。

フロントエンドが貧弱になって寂しくなったというか。

なので、すぐに元に戻しました。

アウターチューブはバフ研磨をしてアルミそのものの美しさをそのまま残しています。

ここに余計な塗装などは必要ありませんよね。

リアショックは、左右2本でプリロード調整式が採用されています。

リアショックのサスペンション部分はクラシカルな雰囲気と合わせるために、あえてカバーはつけていないようです。

W650のときはリアショックがフワフワするという評価があり、社外品と交換するという人が多かったようですが、W800でもそういう流れがあるかもしれませんね。

ちなみに私はリアショックには全く不満はありません。たぶん、峠をすごいスピードで責めている人がそう感じるだけで、普通には知ってる分には全く問題ありません。

っていうか、W650は峠を責めるバイクではありませんしね。


7.ハンドル

クラッチレバーは5段階に変更が可能となっています。

ハンドルバーはW650のインチバーから標準的な22.2ミリサイズへ変更されてます。

W650のインチバーではドリンクフォルダーや携帯フォルダーなどが取り付けられなかったりしたものですが、そのような不便さは解消されそうです。

たしかW400も22.2ミリサイズのハンドルバーだったと思います。

でも個人的にはインチバーの方が貫禄がでて好きだったんですけどね。

あと停車時等に便利なハザードスイッチが備わっているみたいです。

私のW650にはハザードスイッチがないので羨ましい。


8.フェンダー

W800の前後のフェンダーは、W650と同様にクロームメッキで仕上げたスチール製です。

あえて金属製のパーツを使用することにより、重厚感や高級感を出しています。

スチール製であることから耐久性と強度を上げているので、少しの衝撃で割れたりするようなことはありません。

そしてクロームメッキ仕上げのフェンダーは、鏡面のように辺りの風景を写します。

フェンダーは磨きがいのあるパーツの一つです。

スポンサードリンク

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のW800のパーツ別インプレのリンクについて

W-STYLE 〜kawasaki W650/W800〜のW800のパーツ別インプレのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。